投稿

オーストリッチについて

世界的に革製品と言えば、牛革や馬革、豚革などがメイン素材だと思います。 フルブリッヂでは皆さんもご存知の通り、ワニやダチョウ、ヘビ、トカゲといった爬虫類がメイン素材です。 基本的には皮が取れる動物からは製作することが可能といわれています。

本日はダチョウの革、そう『オーストリッチ』がなぜ高級皮革と言われているのかを語りたいと思います。 写真は、大好評のオーストリッチのお札入れとカードケースです。お札入れは私も愛用しています。

P1220831 P1220836 2013-12-13 12.56.04

先ずは鳥類から量産出来る革素材として唯一であるうえ、革としての強度は牛革の5倍〜10倍と言われ、使い込むほどに見せる独特の風合いを持った何ともいえない雰囲気と艶を醸し出す特性があるからだと思います。 オーストリッチの皮は、羽毛を抜いた後の丸みのある突起した軸痕(Quill Markクイルマーク)が綺麗に揃っているものが中でも高級品とされ、実はこの部分は1羽の全体から40%しか取れないことより、高価なものと位置づけられています。また他の皮革にない、真珠を散りばめたような美しい突起模様クイルマークがユニークさを持っていると思います。 【フルポイント=商品の前面と後面にクイルマークが入っている】 【ハーフポイント=商品の前面のみにクイルマークが入っている】 通販やネット等で売っている安価なオーストリッチは特にハーフポイント(前面)や、クイルマークが小さい等級の低いオーストリッチスキンを使用した商品が多く見られますね。(全てではありません) フルブリッヂでは、綺麗にクイルマークが出ている厳選されたオーストリッチスキン(等級の高いクラス)のみを使用しています。色も豊富です。

P1200239 P1200236 P1200261 P1200243

あとはHERMESのオーストリッチのクイルマークは、ニット素材などに引っかからない様に、仕上げに更にひとつひとつを手作業で丁寧に突起部分を押して平らにしています。型押しかと思う程までに。でも突起部分を無くすと、どうしても折角のオーストリッチの突起の風合いや、凸凸した手触りなどが損なうため、フルブリッヂではクイルマークの風合いを楽しんでもらおうとそのままにしています。場所によっては出っ張りが少しあるクイルマークでニット素材などに引っかかる場合があるので、注意が必要です。 また、オーストリッチの脚の部分(オーストレッグ)を使用した商品も魅力的ですね。爬虫類に似た鱗状の模様が特徴的です。脚なので傷が多い場合が多いので、綺麗なオーストレッグスキンは高価とされます。 話しは変わりますが、職業柄クロコダイルとダチョウの肉は食べた事があります。 ダチョウの肉の特徴はなんと言っても他の肉類と比べて、低カロリーで低コレステロール、低脂質。非常に多くの鉄分を含んでいると言う事です。現在、健康食と言う事から日本においてもメディアで取り上げられています。 既にアメリカではブームらしく、その栄養価から特にモデルやスポーツ選手に大変人気のある食品として有名です。またフランスでは既にスーパーマーケットで一般的に販売される程に。ダイエット中や、良質の筋肉を無駄なくつけたい方、カロリーを気にしている方、健康志向で柔らかいお肉が大好きな方にはぴったりの食材だといえます。 臭みがない赤身肉ですので、ほとんどの方が抵抗なく召し上がれるかと思います。 もしレストランを出すなら、ダチョウとクロコダイルの肉をお客様に美味しくお洒落に提供したいですね。

オーダーメイド ウォッチベルトについて
Q&A
BEFORE AFTER
お問い合わせ
〒362-0035
埼玉県上尾市仲町1-2-15吉沢ビル3f
あなただけのJewelry 極上ステイタス 形にしませんか?
Art&Creative Goods Shop
※2014年で新宿高島屋10階のShopはクローズさせて頂きました。

このページの先頭へ