投稿

他では満足出来ない。FULLBRIDGEのオーダーメイドの魅力とは??(クロコダイル/オーストリッチ/リザード/オーダーメイド/お財布/バッグ/小物)

『イメージしたモノがみつからない』『オーダーってどうやってすれば良いの??』『人と同じモノは嫌』高品質でご予算に合わせてオーダーメイドをもっと身近に楽しんでもらいたい。そしてお客様のお洒落心をもっと刺激して、さらにハイレベルなお洒落を楽しんでみませんか??

FULLBRIDGEのオーダーメイドは、今欲しいな??と思っていたブランドや、今想像しているDESIGNを超える事が出来ます。

『お客様が求めている50年先まで持ちたい製品を創り上げます』

『本物のフェバリット製品を生み出すには、FULLBRIDGEオリジナルオーダー方法以外の選択肢はいらない』

楽しく、選ぶ!! 決める!! が出来るオーダーメイドスタイルです。お客様のライフスタイル、ファッションスタイルに合わせて細かくオーダー内容を丁寧に進めていきます。

■FULLBRIDGEのロングコンセプトオーダーメイド。

お客様は毎日、毎回違う。

でも同じ事がある。

それは・・・・・

時間がかかる事。それはDesign。

時間がかかったからこそ、よく考えたからこそ、お客様も長く気持ちよく長く使える。

使い易く良いDesignなんて、次から次へとポンポン出てくる訳ではない。足し算の考えをしたり、引き算の考えをしたり、パターンを作って1週間すっと考えたりしてやっと完成される事。

お洒落なDesign、最上級クラスの素材を使用し、お客様にもっと本物を感じてもらいたい為、私は一切の妥協を許さない姿勢で取り組み、また職人たちの温度も感じられるモノ作りを日々考え努力しています。

『一流素材+耐久性+使用感+機能性+上品Design+個性的×長くその製品を楽しめ愛せる=グッドバランスなブランド』

主張すぎず飽きのこない上品Designをテーマとし、私が今まで得た全てのインスピレーションを思い出し、1つのDesignに集中して吹き込む道標、その素晴らし魅力にお客様の手で触れて感じてください。

『ここまで拘る』『ここまで確認する』
本物の拘っている人は、今まで見てきているモノ、身の周りのモノ、感性や考え方、遊んでいる内容まで全てが違う。価値があり普通ではないと思えば何でも興味を持ち探るだろう。そうすると、また違う凄いところに気付く場合もある。よく見ないと気付かない分からないモノこそ、本物のお洒落で価値があるモノなのかもしれない。分かる人にだけ分かれば良いってヤツですね。

今、多くの有名デザイナーがエキゾチックな爬虫類皮革が放つ魅力に魅了され、クロコダイルを使うファッションDesignの需要に年々供給が間に合わなくなっているのが現状です。その魅力とは生命感に溢れたエキゾチックの表情はいつの時代も強烈な存在感と美しさを放ちます。右に出るモノはないと言っても過言ではない。他を寄せ付けない豊かなオリジナリティを周囲の人たちを魅了させる魅力が常にあります。

特にハイレベルなクロコダイルやオーストリッチ、エレファント、リザードのオーダーメイドは、ゼロから考えて考えて出来上がるモノ。そう簡単にゴールへいかない時もあります。それもオーダーメイドの楽しいところ。

また巨大な牛の皮革と違い、クロコダイルの皮革は個体差が大きく全く違う。同じサイズで生まれてこないし育ち方、成長も様々である。素材や作り方によっても“差”が生じる。オーダーの場合、作ってみないと分からない場合もある。例えばお財布や小物、BAGなどのオーダーでは使用する革の大きさが全く違う。

お財布だったら小さいワニ革ジャストサイズのセンター取りはFULLBRIDGEでは当たり前。表面で使うクロコのここからここまでを取り1枚でいけるのか、バッグであれば外面は各面1枚で計2枚の方が良いのか? また1枚では無理なのか、2枚の取り方の方がお客様は好みなのか? 予算はどのくらいなのか? またその革はどこがどのくらい余り、どこの面をどこの部位を使って、余ったところを内面のどこの箇所で使い、キチンと全てが綺麗にうまく取れるのか?? また違う取り方、方法はないのか?それは仕上がったときに美しくそしてお洒落なのか??  クロコダイルは裁断する前に色々確認、創造しなくてはいけない事も多く、また職人と各工程箇所を使用するワニ革とパターンで、しっかり細かくチェックしないと私は気が済まない。特にバッグの正面はバッグの“顔”だから、ちょっとした工夫で表情が大きく変わる。もし万が一間違ったら、もう入手出来ないクロコダイルや大きさだったり、特殊でスペシャルな染めの工程からスペシャルオーダーしたクロコダイル皮革の場合は特に慎重に進めなくてはならない。

またこの色が良いと言われても、美しく綺麗なクロコダイル皮革を厳選出来て、ジャストサイズがあるかどうかは未知の世界。また妥協出来る範囲以内の場合は、妥協の選択が正解である場合も多くある。

クロコのバッグは重い?? そうFULLBRIDGEは女性のお客様にも気軽にオーダーして、クロコのバッグを使えってもらえる様に、出来る限り重量軽減する為に試行錯誤する。その一環としてクロコの革の厚みも薄くするが限界がある。牛革はそれなりにいくらでも薄く漉けるが、クロコダイルには凸凹が革にあるので、薄く漉く限界がある。それを理解し技術があり出来る人も限られている。誰でも真似すればすぐ薄く軽いクロコダイルのバッグを作る事は出来ない。目に見えない工夫を重ね重ね研究し施した結果従来のハンドバッグより40%くらいの軽減が出来た。『他のところより軽いですね!!』とそこに気付くお客様の声が嬉しかった。これがモノ創りの1つなんだと強く実感じました。


職人も牛革だけ毎日製作している職人には、究極のスペシャルなクロコダイルアイテムは作れない。またクロコダイルを毎日製作している職人だけが良い仕事をする訳でもない。仕上がった時にやっと分かる場合もある。でもクロコダイルを毎日作っている職人に牛革製品を作らせると実に良い仕事をする確立は高い。クロコダイルは難しく各職人に得意分野と不得意分野がある。それを私は理解しているから、数あるお客様のオーダー内容によって、どの職人に任せるか決める。ここが良いモノ作りの最終的なポイントである。

また別の角度から言うと、毎回これは今の自分の限界だろうと最高に拘った最高級素材を使い、製品を企画して試行錯誤考えて作れた人は、別の企画製品で指定された予算以内で激安商品を作らせてもその価格以上の価値ある良い商品が出来上がる。

何が言いたいかと言うと、『高級なモノを毎日作っている人は、安いモノを作ったとしても良いモノを作る。でも安いモノを毎日作っている人は、高級なモノを作っても失敗する確立は高い』と言える。

難しいクロコダイル製品を試行錯誤考えて作った職人は、今まで計算するとtotal 10%〜15%の失敗をしてきている。だからこそ今の素晴らしい技術、応用と考え方がある。
それは真似したくても誰にも真似が出来ないスペシャルな技術と積み重ねた経験値。
頭の中では色付きの映像で創造し、過去に経験した事と今現実に目の前に起こっている未知のオーダー内容を見ながらどうすれば良いか考え、サイズを出し目の前の紙に落とし込む。そしてパターンのサイズ出しもする。こういった一連の動作をこなす。打ち合わせしていても実に気持ちが良い。もちろん難しいオーダーは打ち合わせ時間と手間と美しく仕上げる為に考える時間がかかる。

クロコダイルのバッグや小物は、普通のそこらで売っている牛革製品より5倍〜100倍する場合も少なくない。

例えば、小銭入れ。小銭入れだったら牛革で¥5,000も出せば、どこにでもある様なデザインで買えるだろう。
ハイブランドの牛革で、最新のデザインで¥30,000くらいで手に入るだろう。でも来年になればデザインが旧型になるブランドも少なくない。これは時代やそのブランドの今のコンセプトに流されている流行のモノ作り。
クロコダイルだと¥3,0000くらい出せば、どこにでもある様なデザインでそこらで入手出来るだろう。ハイブランドだと¥80,000〜¥200,000くらいの価格帯。

FULLBRIDGEはクロコダイルスペシャルオーダーメイドで、オーダー内容にもよるが¥50,000〜¥120,000くらいの価格帯。大きなバッグだったら、小物とセットで¥1,200,000〜する場合も少なくない。
内側までもスペシャルな仕上がり。内側までクロコダイルやオーストリッチを使っているブランドは先ずないだろう。金額の問題ではなく、仕上がりと技術的に出来る考えられるデザイナーと職人がいない。

お財布で内側までスペシャルなクロコダイルでカードを24枚入れ、領収書もタップリ入れられる、隠しポケットもあり、全て入れてもパンパンにならずクールでハイセンスなスマート仕上がり。サイズは少しだけ大きめ、現金も150万入る仕様。これは¥700,000〜。

これまで、いろいろな複雑だけどシンプルにするオーダーメイドのデザインを沢山考えてきた。
FULLBRIDGEオーダーメイドは、厳選されたクロコダイルの1級品を使う。予算で等級を落とす場合もある。お客様と打ち合わせして使い易く機能的などこにもないロングコンセプトデザインを提案する。小物でも希望ならセンター取り(クロコダイルのド真ん中を使う)をする。

FULLBRIDGEのオーダーメイドは確かに高価なモノ。でも本当にその表情に毎日見とれてしまう程の特別感あるモノ。納品したお財布を4時間以上もずっと触り続けたお客様もいるくらいだ。そして長く使えるモノでもあるし、また長く使いたいモノになる
なかなかオーダー内容が進まないで決まらない場合は、『5年後くらいに自分に似合うモノをオーダーしてください』と言う。これを話すとお客様は理解して進める事が出来る。

そしてクロコダイルはどんな服装にも似合い、シーンを選ばないのも魅力的である。今までのコーディネートにクロコダイルitemを持てば、普段のワードロープが新鮮になったり新しいコーディネートをしてみたくなったりするものです。それは上質だからシーンを選ばず使える。お客様と私で考えて打ち合わせして1つ1つ決めたお気に入りの色、サイズ、洗練されたデザイン。それは自分に似合う本当に欲しかったモノ。それが真実の本物だからこそ、時代や流行を超えた固有のロングコンセプトであり、ずっと毎日使える、使いたい新しい魅力なのです。いつの時代も大人達が愛してやまないプレシャスなレザーなのです。スモールクロコダイルやオーストリッチの超1級クイルマークフルポイントなどのプレミアムレザーは名だたるハイブランドが争うほどの人気です。まさに優美な大人だけに許された価値ある悦びです。またクロコダイルには腑の出方が個々に違うのももう1つの魅力でもあります。

結局素材がクロコダイルでも、センター取りや美しい腑のクロコダイルを厳選出来て、そのアイテムに似合ったサイズをきちんと選別しているかどうか。最終的には私デザイナーがお客様と打ち合わせをしている時に、お客様は何を望んで、何を冒険したいのか、また何が間違っているのか?? 似合うのか判断し、擦り合わせ後に色々なデザインを考え、沢山誘惑し1つ1つ一緒にオーダー内容を決めていく。このオーダー方法が最終的にお客様は1mmもブレない、デザイナーも満足いく作品になる。 だから50年後でも愛せる愛したいロングコンセプトデザインが生まれるのです。

■FULLBRIDGEオーダーメイドは決して高くありません。

 確かにそこらで売っている既製品のお財布やバッグはオーダーメイドと比較するまでもなく、低価格で売られています。また素材やコストパフォーマンスを考えて追求した方がお客様へ、ストレートに響きます。しかしながら売れ筋のお財布やバッグを同じ工程で大量生産するのと、あなた専用のお財布やバッグをひとつだけ作るのとでは費やした時間も全く桁違いの別モノです。

 オーダーメイドとは、使う人だけに適した「機能」や「色」、「こだわり」があり、既製品ではまったく味わうことが出来ないあなただけの「スペシャルモデル」です。その効果は絶大で、仕事用であれば使い勝手の良い道具に変身し、フォーマル用であればその人の上品さを感じさせるための「引き立て役」ともなります。

 その唯一無二のバッグを、例えば10~15年程度使うことを考えたとしても、きっとお支払した以上の価値やステータスは味わえます。また10年経っても古さを感じず人前でも気持ちよく持て、やはり自分に合うものは自分で考え作り出すことが一番の近道であり、最高の喜びでもあります。

 「〇〇ブランド」または「価格の安さ」「流行品」「流行ブランド」という価値観でしか取り扱われないことが多いバッグや小物。あなにとってのバッグや小物、またジュエリーとはどういう価値があるのか、もう一度振り返ってみる時期、時代なのかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜想像力を具現化するOder Madeにメニューはいらない〜

『時が経っても古さを感じさせないデザインとは・・・』

「本物を持つ楽しみ」×「人と違うモノ」×「大人Richな色気、色遊び」+「ロングコンセプトDesign」=あなただけの“極上Status”を型にします。

=それは“世界にたった1つだけ”のStyleなのです。

 

これがFULLBRIDGEのスペシャルコンセプトです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

TOP STYLE RULE??

Don’t be a fashion victim. Wear what makes you feel great with confidence. What matters is how you feel at the end of the day…That’s what fashion is all about.

スタイルで一番大切なルールとは??
ファッションの奴隷になるのはやめましょう。
貴方を素敵な気分にしてくれて自信が持てるものを着てください、持ってください。一日の終わりに貴方自身どう感じるかそれがファッションの全てです。

オーダーメイド ウォッチベルトについて
Q&A
BEFORE AFTER
お問い合わせ
〒362-0035
埼玉県上尾市仲町1-2-15吉沢ビル3f
あなただけのJewelry 極上ステイタス 形にしませんか?
Art&Creative Goods Shop
※2014年で新宿高島屋10階のShopはクローズさせて頂きました。

このページの先頭へ