投稿

【FULLBRIDGEdesign】エルメス(HERMES)オーストリッチ皮革同メーカー使用/長財布/カード40室/100万(100枚)円以上入る/クイルマークプレス/コバ(切り目)本磨き仕上げ

先日完成したHERMESと同じオーストリッチ皮革を厳選し贅沢に使ったオーダー長財布と名刺入れ。

インナーは2色使いのバイカラーで仕上げました。カード室がバイカラーですと40枚のカードの使い分けに分かり易く重宝致します。カードの使い分けでも色々パターンが楽しめるお財布になっています。

カード室はなんと40室。

全てのカード段にFULLBRIDGEデザインを然り気無く入れてあります。

なかなか類を見ない収納力の高いお洒落で個性的な長財布に仕上がりました。

お札入れ(メイン室)は100枚以上収納可能。通しマチ仕様になっていますのでたっぷり入れられます。

その他に領収書入×1室+その他1室

カード入れのところはお客様が

『丈夫にして欲しい』と相談されたので、Wステッチで頑丈に仕上げました。

丈夫さとデザインさを重ねた仕上げに。カード段のみダブルステッチのお財布がこんなにカッコイイとは思いませんでした。新しい発見です。

ダブルステッチになるので採寸も良く考えないと大きくなってしまい変なstyle仕上がりになるのでその辺りも考慮しています。

Wステッチは初めての試みだったのですが、仕上がると見た目はデザイン?と思う程で思っていた以上にカッコ良いなと感じました。今後の提案材料で丈夫にしたいと言うお客様には提案したいと思いました。

角はスクエアカットにしメンズライクさを主張。

オール切り目(コバ)本磨き仕上げ
分からない人はHERMESと同じ仕上げと思ってもらえば。手間が非常にかかる仕上げです。安価なお財布やバッグはコバ(切り目)仕上げではしていません。なんでも価格には理由があります。もちろんそこまで拘りを求めていない人に説明する必要はありませんが。。

工程が多く手間が掛かりますが全てコバ(切り目)本磨き仕上げで仕上げています。

コバ(切り目)仕上げは手間がかかる分、先ずは見た目がスタイリッシュである。利点としての最大の特徴は修理も綺麗に利くので(でも修理する場合も容易ではありません、再度コバ仕上げのみをする場合も残インクを全て綺麗に削り取り、再度インクを塗り→乾燥させ→磨き。この作業を最低5回~10回繰り返します。手で触って面が滑らかになり満足いけば完成です。また解体して修理する場合は解体する予定がないモノを解体→修理→カード段など内側コバ仕上げ→組み立て→乾燥→縫製→外周コバ仕上げ(最低5回)して修理完成するので、修理も容易ではありません)コバ仕上げはハイブランドも含め世界的に認められている仕上げ手法です。

オーストリッチの説明に戻ります。
オーストリッチの羽毛を抜いた後の突起した丸みある軸痕(Quill Markクイルマーク)が他の皮革にないユニークさと魅力を持っています。

  

ここ数年、私がオーストリッチの魅力に強く引かれているので、ここ半年くらいはオーダー相談依頼されるお客様はオーストリッチのオーダーが多く人気です。オーストリッチの色バリエーションは、クロコダイルより多いので変わった個性的な色を選べるのも人気のひとつです。オーストリッチは巷では婆臭い爺臭いと言われているのでデザインをスタイリッシュにしないといけないので少し上級者向けファッションになるのかと。スタイリッシュなデザインからカラーコーディネートまでフルトータルで考えるのも私の仕事です。

 

もちろんFULLBRIDGEでは染めの別注も受け付けていますので染めればクロコダイル、パイソン、オーストリッチ、リザードも世界に1色で染められます。別注で染める色打ち合わせも相当に面白いです。別注で染める場合は1枚からは受け付けていませんのでご了承ください。

私がオーストリッチを厳選する時は等級や傷、強いシワなどは論外、さらにクイルマーク(羽根を抜いた跡)の流れが美しく揃っていなければ、本当の魅了を感じる事は出来ません。またクイルマークはオーストリッチ皮革1枚の40%程度(残りの60%はクイルマークがない)しかないので取るサイズも気にしなくてはいけない事もあるのでクロコダイルやオーストリッチなどは初心者や素人では扱いが非常に難しい高級素材です。鋤くのも牛革に比べ凸凹があり難しいので、牛革しかやった事がない人には不可能です。

私が厳選する時はかなりの枚数を見るのでとても時間がかかりますが、良いものを選ぶ為には自分の目で丁寧に1枚1枚見る限り近道はありません。もちろん厳選しないで電話で伝えればそれは時短ですが自分の目で確かめる事がやはり納得満足がありベストです。

オーストリッチ(ダチョウ)の羽根を抜き突起した毛穴(クイルマーク)が、まるで真珠を散りばめた様に見えませんか?
私は厳選したオーストリッチ皮革を見て触り、いつも真珠の様だな~と思ってしまいます。

HERMESもこの突起したクイルマークはニットの引っ掛けの原因になる事から丁寧にクイルマークをプレスしてフラットな仕上げをしています。今回のこのお財布も全てのクイルマークを丁寧にプレスしています。

もちろんFULLBRIDGEではオーダーメイドで1つ1つ作りますので、プレスするか、プレスをしないかを選択出来ます。ワイルドな仕上がりを希望されるお客様はノープレスを希望します。

その辺りの仕上がりイメージなどはどうしたら良いかなど分からなければ、お客様の雰囲気やライフスタイル、お仕事に似合ったスタイル、色などをご提案致しますので、オーダー時にご相談頂ければと思います。

   

名刺入れとセットで仕上げました。名刺入れはキプロスグリーンでビジネスカラー。

S社長オーダーご用命ありがとうございます。

オーダーメイド ウォッチベルトについて
Q&A
BEFORE AFTER
お問い合わせ
〒362-0035
埼玉県上尾市仲町1-2-15吉沢ビル3f
あなただけのJewelry 極上ステイタス 形にしませんか?
Art&Creative Goods Shop
※2014年で新宿高島屋10階のShopはクローズさせて頂きました。

このページの先頭へ